論文レビュー(駄文)「除雪区間の最適化」

2021/12/21 論文レビュー(駄文)を記述します.

  • 最適除雪道路選択モデルに関する研究

# 最適除雪道路選択モデルに関する研究

有村幹治,上西和弘,杉本博之,田村 亨:最適除雪道路選択モデルに関する研究, 土木計画学研究・論文集No.16, 1999年9月

# 背景

  • 雪の除排作業には巨額の予算を費やしているという問題があり,年々増加する傾向にある.
  • 1996年,札幌市では記録的な降雪により、160億円の除雪費用を計上された.
  • ただし,冬季間の路面悪化では,夏期の平均と比べて交通量は77%、 旅行速度は50%にまで落ち込むこともある.
  • 限られた予算で最適な除雪作業体制を構築する必要がある.
  • 本研究は、大規模道路網(札幌都市圏道路網)を対象とし,走行費用便益によって評価される最適な除雪実施路線網を求める
  • また,配分計算を含む大規模ネットワーク最適化における問題点と課題を整理する

# 既存研究と本研究の位置付け

  • ネットワークの考慮(除 雪道路の選択)と予算制約の考慮の2点に着目する
  • 除雪に関する研究当初は、対象ネットワークは全て除雪することを想定していて,予算制約を考慮していなかった

# 手法

  • 道路ネットワークは,41ノード・133リンク・96工事区間を想定
  • 等分割配分法による交通量配分
  • 準組み合わせ最適化手法の1つ「遺伝的アルゴリズム(GA」を使用
  • 道路リンク特性(冬季Q-V式)とリンク別除雪コストを取りこんだGA最適化モデル
  • 予算制約として,連続性的に除雪できること・走行時間の変動による費用便益を考慮する
  • また,組み合わせ解空間の縮小を考慮して,推定除雪区間を集約させる工夫をする

# 結論

  • ネットワーク特性と予算制約を考慮した最適な除雪位置を求めるためのGA最適化モデルを示した
  • 実道路網の札幌市都市圏道路網を対象にGA最適化モデルを適用し,予算制約内で走行費用便益が高い除雪道路を導き出した

# 課題点

  • 少ない人口サイズにより計算を行っている
  • 膨大な計算時間が必要となる
  • 対象ネットワークの1回の配分計算に約30分,本研究での計算例でも294.5時間の計算時間を要している

# 論文集

有村幹治,上西和弘,杉本博之,田村 亨:最適除雪道路選択モデルに関する研究, 土木計画学研究・論文集No.16, 1999年9月

2-6-2の法則について調べてみた

2-6-2の法則について調べてみた

「2-6-2の法則」って偶にきくけど,根拠はどこからでているのかわからないので,調べてみました.

疑問

  • 2-6-2の法則の出典は?
  • 働きアリの法則・パレートの法則のどれ?
  • 人間社会にどれほど適応できるか?
  • 本当に2割の人間が8割の成果をしているのか?
セルフ・コンパッション新訳版を練習する(8/25更新)

セルフ・コンパッション新訳版を練習する(8/25更新)